生活

  ここでは北京での生活にまつわる、必需品、気づいたことなどを紹介していきます。

私の印象では、「北京はなんでもあるけど、いいものは少ない。あったとしても高い」そんな場所です。 つまり歯磨きセット・コンタクト洗浄液・洗顔・シャンプー・リンス・タオルその他もろもろは問題なく 買えるけど、あるていどこだわるならば服などは日本から持ってきたほうがいいと思われます。
あと日本には「made in China」があふれているけど、中国には日本にあるような「made in China」は あまり無い。つまり「made in China」は日本向け・中国向けがあるということですね。

ちなみに私が独断による持ってきて正解・不正解の品々などは以下のとおりです。

<持ってきてよかった(持ってきたらよかった)もの>
パソコン・リカバリディスク・電子辞書(○ANON製のが好ましい)・CDプレーヤー・脱毛機・デジカメ・ICレコーダー・ 服・鞄・靴下・ 使い慣れた化粧水・保湿クリーム(顔用・体用)・洗顔ネット・コンタクト・耳掻き・毛抜き・油とりがみ・ 常備薬(虫刺され用も) 下敷き・HI-TECのボールペン・折り紙・単語帳・韓国語会話の本・文法書・ 地球の歩き方・トラベラーズチェック・味噌汁(顆粒タイプ、業務用)・ふりかけ・お茶道具

<持ってこなくてよかった(持ってきて損をした)もの>
変圧器(最近の家電はワールドタイプが多い)・海外対応携帯(使う機会が少ない)・ドライヤー(安く売っている) ・コンタクト液・靴(かわいい偽物がいっぱい)・付箋・ノート・ルーズリーフ・修正テープ・ 電池

持ってきてよかったものの中には中国で買えるもの(特に家電)もありますが、これらは持っているなら 持ってくるのが得策かと思われます。 日本より高いものも多々あるので。

あと、品々も大事ですが、なんてったて体が一番。 交通事情は最低に悪いし、しょっちゅう「キキーッ!ボンッ!」という音が聞こえてくるので 郷に入っても郷に従いすぎず、交通マナーを含め外では油断などをしないのが大事かと思います。



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー